知ってた?家庭用太陽光発電は元が取れます

太陽光発電の値段はどのくらい?

最近では家庭用の太陽光発電機が使われています。家の屋根に取り付けるタイプで、簡単な工事で気軽に取り入れることが可能です。停電時にも電気を使えるのでとても便利ですし、節電の意識の向上になります。
その値段は普及に伴い下がり続けていて、200万円程度で購入できるようになっています。家を建てる時についでに設置を依頼すると工事費が安くなることもあるので家を建てる場合はつけることをお勧めします。また、国や地方自治体から補助金が出る場合も多く、さらにお得に購入することができます。枚数によって値段が変わり、それぞれの予算に合った枚数取り付けることができます。環境の保護にもつながりますし、利用を検討してみてください。

太陽光発電は元が取れる!

このように便利な太陽光発電ですが、一番大きなメリットは元が取れ、利益が出るということです。発電した電気は、電力会社が買い取りを行っています。その値段は結構高く、電気を買う時よりも高くなっている場合が多いです。そのため、太陽光発電システム購入の費用は、10年程度で元が取れます。平均的に20年動作するので、寿命が来た時には購入したときの2倍のお金が手に入ることになります。つまり、銀行に20年の定期預金でお金を預けるよりもずっとお得だということです。
利益を増やすためには、長寿命でたくさん発電してくれるものを選ぶ必要があります。メーカーの評価をよく比較して選びましょう。お金をもらって地球環境に貢献することができるのでぜひ導入してみてください。