家庭用太陽光発電は長期の節約プランです

早く始めるほど条件は良い

太陽光発電はエコだし、買取制度でいつかは元がとれるし、ということで関心を持つ人が増えていますね。災害時に停電となっても、昼間の電気は確保できるわけだから防災対策にもなります。
買取単価は全国共通で1kwhで48円だったり42円になったりと変動しますが、導入した時点の価格は10年間固定です。電力料金は約20円前後だから、夜間は電気を買うことになっても昼間の発電量によって、売電額がそれを大きく上回ることもあります。太陽光発電のパネルは日進月歩で価格も下がってきていますので、導入時期は迷うところです。しかしパネルの値段が下がっても、買取価格もだんだん下がってきているので、なかなかその見極めは難しいです。

太陽光発電システムの長期保証

太陽光発電システムを取り入れる上でのネックはその価格です。それなりに高額ですので、すぐ故障して修理が必要になったり、買い替えなくてはならなくなったりしたらたいへんです。10年保証や15年保証がついている太陽光パネルを探しましょう。太陽光発電システムの導入に補助金を出す自治体もありますね。これもだんだんなくなっていくことが考えられますので、太陽光パネルの値下がりを待つより、今導入した方がお得となる可能性もあります。
今の状況だと、だいたい10年くらいで元がとれるようです。15年保証のついた太陽光パネルなら、結構お得となるかもしれません。太陽光パネルを選ぶ際は見積もりを何社かでとって、保証内容もよく見ておきたいですね。